乳幼児期は人間形成の基礎となる人格をはぐくむ大切な時期です。
“こころ”の通い合う保育園生活を通して、「はい」「すみません」「ありがとう」が素直に言える子ども達を育てています。



子ども達は、一人で合遊ぶよりも集団の中でお友達と一緒に遊ぶことの楽しさを体験し、ルールを守って我慢をしたり譲ったりしながら、お互いに協力しあうことの大切さを学び、より大きな喜びを感じ取っています。




わくわくするような心のときめきと豊かな感性を育むために、すぐに物が与えられる環境よりも、まつ時間の中で無限の夢を育むことが、子ども達にとって大切ではないでしょうか……。



ひとりひとりの個性もいろいろ、秘められた可能性も様々な子ども達。
“こころとからだの健やかな子どもを育む”保育を目指しています。